不安が減少し、成績が劇的に向上した瞑想を行う子供達

多くの学校関係者は、子供達が、以前よりも大きな不安感とストレスを経験していることに気づいている。以下の研究は、そうした憂慮すべき事柄を浮き彫りにしている。

  • 米国の医療保険会社カイザーパーマネントの研究によると、1993年から2003年までの10年間に、抗鬱剤を使用する5才から17才の子供達の割合が二倍以上も増えた。
  • 米国保健福祉省によると、若者の5人に1人が精神的健康の問題を抱え、8人に1人が鬱傾向があると報告している。また、研究者達は、100人中13人の若者(9~17才)に不安症の症状が見られ、そうした若者は一つ以上の病気を抱えていることを明らかにした。

こうした憂慮すべき傾向を改善するために、簡単に学べる超越瞑想が次第に活用されるようになってきた。そして、それが全国的なニュースになっている。

ABCニュース『瞑想が子供を落ち着かせ、衝動性を減少させる』と伝えている(2013年5月21日)。以下はその記事からの引用。

◆ ◆ ◆

「禅」と「子供」という言葉は、相性のよい言葉とは言えないが、ますます多くの親たちが、自分の子供達を瞑想を取り入れた学校に通わせて、ヨガ、瞑想、リラクゼーションのテクニックを学ばせている。

知名度の高い瞑想の提唱者たちは、子供達に瞑想を教えることに魅力を感じているようだ。映画監督のデヴィッド・リンチは、8年前に教育財団を設立し、世界中の学齢期にある子供達に超越瞑想を学ばせる奨学金を提供している。

サンフランシスコの統一学区の学生3千人以上を対象にした研究によると、超越瞑想を実践している学生は、数学のテストの成績と全般的な学業成績が劇的に向上したことが確認された。超越瞑想とは、リラクゼーションと心の目覚めを促す瞑想法である。研究はまた、瞑想している学生の停学率、退学処分率、中退率の減少を示した。

現代の子供達は、明らかに、彼らの両親が認識している以上に大きなストレスを受けている。米国心理学会が発表したストレスに関する年次報告によると、5人に1人の子供は、日々の生活で起こる事柄について、多くの心配事を抱えていると述べていた。そして、30%以上の子供が、夜よく眠れないといったストレスと関係した症状を認めている。それにも関わらず、その同じ報告書は、両親のわずか8%しか、自分の子供が何らかのストレスを経験していることに気づいていないと述べていた。

原文・Mario Orsatti

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]