肉体的ヨガの実践をもっと深めた、超越の力

ヨガの教師ジェニー&アイアン・オーラフリン夫妻は、ミシガン州デトロイトにある二つのヨガ・スタジオのオーナーだ。彼らは超越瞑想による超越の体験がヨガの体験を力強く補佐することに気づいた。以下は、彼らのインタビューである。

◆ ◆ ◆

──近年、ヨガに対する興味が爆発的に高まって、アメリカでは1千万人以上の人々がヨガを行っています。なぜいまヨガが流行っているのでしょうか?

ジェニー:私たちの住む社会は、過剰なストレスにさらされています。ヨガを行うことで、バランスのとれた状態を取り戻すことができます。ヨガ・アーサナは、体のすべてのシステムにバランスをもたらす一つの方法です。関節にもよく、心臓血管系、免疫系、内分泌系の機能を高めます。

10年前、デトロイトで「私はヨガの教師です」と話すと、みんなから「ヨーグルトですか? あなたはヨーグルトを食べるのかと思いました。」と言われました。今ではヨガの効果は広く知られるようになり、認められています。人々は、非常にシンプルなヨガの実践が、自分の生活に肯定的な変化を生み出すことに気づいたのです。

アイアン:ヨガの価値に気づいた人々は、自分の健康を管理する能力が得られたように感じます。ヨガを行うと、とても気分がよくなるからです。ヨガは、自分一人でできる、元気を取り戻すための実践なのです。

──あなたは、どうしてヨガを始めたのですか? なぜヨガに夢中になったのですか?

ジェニー:1990年代の初め、まだ高校生だった頃にヨガを始めました。16才か17才のときに、アイアンガーのヨガ教室を見つけたんです。私は健康には問題ありませんでしたが、内気で神経質な性格でした。それが、ヨガを行うことで、自分に自信がもてるようになったのです。そして、大学を卒業して約1年後に、ビクラム・ヨガを始めて、教師になる訓練を受けました。それから自分の教室を開いて、ヨガを教え始めたのです。

アイアン:私の家族は建築業を行っています。私は建物を建てることが好きで、その仕事を10年間行っていました。しかし、建物を建てること自体は楽しかったのですが、ビジネスと関連したストレスから、頭痛や背中の痛みが起こったのです。それで、ヨガを試そうという気になりました。

──自分のヨガ・スタジオをもつことになった動機は?

アイアン:一つは生計を立てるためであり、同時にヨガを教えることが楽しかったからです。ヨガを教えることで、地域の人々の健康や活力を高めることができますし、私は生徒たちや地域社会とつながっている仕事が好きなんです。

ジェニー:それは充実した仕事です。規則的にヨガを行うことで、その人の中に深遠な変化が起こります。ヨガの実践を通して、生徒たちが強くなったり、驚くような変化が起こるのを目の当たりにするのは、とても大きな喜びです。

Jenny-and-Ian2

──お二人は、いつ超越瞑想を学んだのですか?

アイアン:私は、1994年の大学時代に超越瞑想を学びました。大学は非常にプレッシャーの多い場所でしたが、瞑想することで勉強に集中できるようになりました。勉強が大好きになり、健康も劇的に改善しました。

ジャニー:私は2007年に超越瞑想を学びました。ヨガを始めてからずっと、瞑想したいと思っていたんです。自分の実習には何かが欠けていると常に感じていました。それで、様々な瞑想法を試してみたのですが、じっとしていることができず、常に時計を見てそわそわしていました。瞑想がうまくいかないので、いつも挫折感を感じていました。

アイアンと出会ったとき、彼から「超越瞑想は簡単だよ」と聞いたのですが、彼の話を信じることができませんでした。そんなある日、超越瞑想の教師と出会ったんです。彼女と一緒にいるだけでとても気分が落ち着きました。それで、超越瞑想は、同じような落ち着いた体験を与えてくれるかもしれないと感じたんです。

超越瞑想を学んだとき、私はすっかり夢中になりました。以前の私は「探求者」だったように感じます。それが、突然「認知する者」になったのです。超越する体験を、非常にありがたく感じました。より深い意識の体験を、とても長い間、探し求めてきたからです。

──今では、ヨガという言葉には多くの意味が含まれていますが、ヨガはあなたに何を与えてくれましたか?

ジャニー:多くの人は、ヨガを特定の姿勢をとる実践ととらえています。それに対して、超越瞑想は、意識の一つの状態である「ヨーガの体験」を直接与えてくれます。ヨーガの体験とは内なる生命の統一の体験であり、そうした体験は、超越することで簡単に得ることができます。

ヨガを行っている人の多くは、サマーディ(三昧、つまり超越)に達することは難しいと考えています。ですが、超越瞑想は、始めてすぐに私たちを超越意識へと連れていってくれます。

──ヨガの実践と、サマーディの体験は、どのようなつながりがありますか?

アイアン:ヨガの古典的な文献は、「パタンジャリのヨーガ・スートラ」を呼ばれています。ヨーガ・スートラは、ヨーガの八つの手足について説明しています。ヨーガの八つの手足には、個人の美徳の発達、アーサナの実践(ヨガの姿勢)、プラーナヤーマ(呼吸法)、瞑想の実践、超越する体験(サマーディの状態、超越意識)が含まれます。

マハリシは、バガヴァッド・ギーターの注釈の中で、サマーディ(超越)に達することは、八つの手足の中で最も簡単であると指摘しています。超越瞑想は、心がサマーディを直接体験するためのテクニックです。サマーディを体験することで、他のヨーガの手足も、私たちの生活の中で努力なく成長していきます。

yoga10

──肉体的なヨガの実践に、超越瞑想を加えることには、どのような価値がありますか?

ジャニー:私にとって、ヨガの実践に超越瞑想を加えたことは、神からの贈り物のようでした。超越瞑想を学んだとき、自分自身に立ち返るような深遠な感覚がありました。深い静寂や、周りのすべてのものとつながっているという感覚です。そして、ヨガの実践は、そうした体験を得るための準備であり、そうした体験を求める欲求を刺激してくれたと思います。

多くの人々が、超越瞑想を学んだ後に、より深くヨガの実践に入っていけるようになったと話しています。以前はできなかった姿勢ができるようになったという人もいます。体がもっと軟らかくなり、ヨガの実践がより深く、より順調になったと、すべての人が話しています。

アイアン:私が感じていることは、ヨガの実践者は、もっと何かを求めているということです。彼らが超越瞑想を学ぶとき、その空虚さが満たされます。内深くで、彼らが探し求めてきたものを得ることができます。生徒たちは、もっとすっきりしたくてヨガを行っていますから、超越瞑想を行うことで、新しいレベルの満足が得られることに気づきます。

──ヨガは、超越瞑想の実践を支えることにもなりますか?

ジェニー:ヨガを行っている人は、すぐにはっきりとした超越の体験を得ることに、私たちは気づきました。ヨガの実践は筋肉をほぐし、体のストレスを解放する助けとなります。それは心と体を整えることで、超越を体験するための準備になるのです。ヨガの実践と超越瞑想の実践は、互いにその価値を高め合うものです。健康を高め、生きる喜びを増すための素晴らしい組み合わせです。

原文・Rolf Erickson


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]