「瞑想が女性の助けとなる」ニューヨークで女性のための会議

先日、CNNのニュース・キャスター、キャンディ・クローレイをはじめ、ビジネス、メディア、教育、社会福祉の領域で活躍する10人の女性がニューヨークに集まり、『女性、瞑想、ストレス』というテーマの会議を行った。彼女たちはみな、超越瞑想を実践しており、自分自身の体験から、超越瞑想はストレスを効果的に解消し、健康、創造性、業績を高めると語った。この会議には、様々な領域の専門家350人が集まり、立ち見席以外は満席となった。

会議では、デヴィッド・リンチ財団の一部門『女性のイニシアティブ』の活動についても取り上げ、『女性のイニシアティブ』が家庭内暴力や性的暴力の犠牲となった女性達の心の傷を癒すために、超越瞑想を無料で提供していると紹介した。

その会議で集まった寄付金は、ニューヨーク市の家族司法センターがサポートする数百人の女性達に超越瞑想を提供するために使用される予定だ。

パネリストたちのコメント:

「米国では、1万人の女性や子供達が、暴力や虐待の犠牲となっています。デヴィッド・リンチ財団の『女性のイニシアティブ』は、これらの女性や子供達に、超越瞑想という科学的根拠に基づく、自らの内側に安らぎと平安を見い出す手法を提供しています。──キャンディ・クローレイ(CNNのステート・オブ・ザ・ユニオンの司会者)」

「超越瞑想は、夢を描いたり、創造する場を与えてくれます。私にとって、不安感は絶え間なく続く問題でした。そして、瞑想は、暗闇、怒り、非生産的な考がえに対する強力な解毒剤の働きをしています。──レナ・ダンハム(エミリー賞受賞の映画制作者、女優)」

「超越瞑想は、人生のあらゆる面で、私に力を与えてくれています。より深く物事を見極め、よりバランスのとれた形で、意識的に決断ができるようになりました。それによって、自分に本来備わる強さが増し、弱い部分が改善されました。──レハナ・ファレル(グッゲンハイム・パートナー財務統括役員)」

「超越瞑想は、家庭内暴力の犠牲となった女性や、その子供達の心の傷を癒す強力な手法です。超越瞑想を学ぶことで、彼女たちの人生が大きく変わるのを、私は目の当たりにしました。──ヨランダ・B・ヒメネス(家庭内暴力と闘うニューヨーク市長執務室長官)」

「家庭内暴力の犠牲となった人々が超越瞑想を学ぶことで、虐待による心の傷は癒され、より速く回復できることが研究によって確認されています。また、超越瞑想を行うことで、彼女たちは、家族司法センターが提供する多くのサービスをもっと効果的に活用できるようになります。──キャロル・クルジグ(女性のためのエイボン財団理事長)」

「今こそ内側へと向かう方法を学ぶときです。平和、豊かな創造性、高度に統合された思考が、超越瞑想を体験している女性達に与えられる贈り物です。──パメラ・ピーク(医師、公衆衛生修士号、ディスカバリー・ヘルス・テレビの医療担当記者長)」

「1日2回20分ずつ超越瞑想を行うことで、落ち着きが増し、集中力が高まります。私たちは、気が狂うほど忙しい生活をうまく扱わなければなりません。超越瞑想は、私の人生のペースを変え、驚くほどの集中力と幸福感を与えてくれます。──レズリー・シーモア(編集長、モア・マガジン)」

ソース:WOMEN. MEDITATION. STRESS


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]