宗教の教えはすべて、無限性や普遍性のレベルに基礎をおいている

超越瞑想の実践者は、人生のさまざまな領域が豊かになるのを経験している。知的な理解力が高まり、行動が効率的になり、他人に対する思いやりが増していくなど、生命の多くの領域がより良くなるの経験している。このことは、宗教観についても言える。その人がどんな宗教を信仰しているかに関係なく、信仰する宗教の教えの理解が深まり、信仰心が厚くなるだ。

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー(超越瞑想の創始者)は、あるインタビューで、どのようにして超越瞑想の実践が、個々人の宗教の実践を豊かにするのを説明している。以下は、そのインタビューの一部である。

──マハリシ、どのようにTMはその人の宗教の実践に影響を与えるのですか?

マハリシ:超越瞑想は、宗教の非常に偉大な友達です。その人が属する宗教が何であろうと関係なく、超越瞑想の知識とその実践は、すべての宗教に共通する普遍的な原理と普遍的な実践です。

すべての人は、完全に発達しなければなりません。もし、ある人が完全に発達していなければ、彼個人が無限性や普遍性のレベルに到達していなければ、その人は、成功者にも信心深い人にもなれません。彼は完全に満たされた人にはなれないのです。…

もし純粋意識が発達していなければ、その人の人生において宗教的な生活を全うすることはできません。宗教は強制されるものではありません。それは自動的に自然に生きるものです。ですから、これがすべての善良なクリスチャンたちが瞑想を始める理由です。超越瞑想が純粋意識を非常に早く発達させるということを聞いて、彼らはみな瞑想を始めています。

スペインや南米の国々は、カソリック教が深く浸透した国であり、人口のほとんどはカソリック教徒です。そこには、たくさんの超越瞑想のセンターがあり、教師がいます。それらの国々において、超越瞑想のセンターや教師達が増えています。多くの人々は、瞑想を始めるとすぐに、内側で自分の宗教心が成長するのを感じます。彼らはより信心深くなります。ですから、TMは全ての宗教の友達なのです。

各宗教の指導者達のメッセージは、もしそのメッセージが真実であるならば、真実は時代の流れによって左右されることはありません。同じメッセージが続きます。どの宗教のメッセージも、人類を導く不滅のメッセージです。それらは同じメッセージです。

「天国はあなたの内にある」という永遠のメッセージは、常に同じ意味の真実の言葉です。その意味は変わりません。天国はあなたの内側にあります。ですから、あなたは自分の内側にあるものを簡単に得ることができます。これは超越瞑想の真実でもあります。超越瞑想は、内側の天国へと至るための自動的な方法です。

時代を通じて、異なる国で異なる教師達から、同じ不朽のメッセージが広められます。そのメッセージは真実であり、超越瞑想を通してその真実を認知し、体験することができます。宗教的見地から見ると、超越瞑想はあらゆる宗教のゴールを達成するための実際的な方法です。すべての宗教の目的を達成します。

献身的なクリスチャンは神の子となるべきです。彼は生命に関する内なる洞察を得て、至福意識、純粋意識という天国を楽しむでしょう。天国は彼の心の内深く、彼自身の内深くにあります。

そしてこれが、超越瞑想を行っている人が経験することです。彼らは内側に深くに飛び込んで、良い気分になり、ストレスが減ります。そして、より楽に人生を生きるようになり、直感が鋭くなり、隣人を助け、他の人を励ますようになります。隣人を助けることは良いことだと教わる必要はありません。それは習慣になるのです。このようにして人は宗教の教えを生きるようになります。それは純粋意識を成長させることによってなされます。宗教的な生活とは自然に生きるべきものです。良いことを考えようとか行おうとしなくても、自然に良い行いをするようになるのです。

──1971年スペインのマヨルカで行われたマハリシのインタビューより


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]