瞑想は学生の学習能力を高め、集中力を増し、ストレスを低下させる

瞑想中の同調した脳波

ストレス反応と脳機能に関する超越瞑想の調査によれば、瞑想は大学生をストレスから守り、学習能力を高める働きがあることがわかった。

研究では、アメリカの大学(主にワシントンD.C.の大学)で、ボランティアの学生たちが、生理的および精神的なテストを受け、その後で無作為にTMのグループと対照群に振り分けられた。

10週間後、TMのグループの学生たちは標準的な脳の測定値で高いスコアを取り、眠気の減少とイライラの減少が見られた。

「比較したグループでは、脳の統合の度合が低く、脳機能が分裂気味です。これは注意力が散漫で、混乱した思考を引き起こす可能性があることを示しています。」とフレッド・トラヴィス博士は説明する。

彼は、アイオワ州フェアフィールドにあるマハリシ経営大学の脳研究ディレクターだ。「対照群では、交感神経反応と眠気の増加が見られましたが、これは不安や思い煩いや短気の増大に相応しています。」

瞑想は学生たちを大学生活のストレスから守る、と研究チームは述べている。研究中、瞑想を行っているグループの学生たちは脳の統合の度合が増大しいてる。「それは構想と思考と環境認識がさらに増していることを示している」とトラヴィス博士は述べる。

「TMを行っているグループの間では、交感神経反応と眠気が減少しますが、これは感情のバランスが取れていて、より良く目覚めていることに相応します。」

「大学生の間に見られるこうした明確な統計結果は、超越瞑想を行うことは、張りつめた挑戦的な学習や労働環境にいる人にとって重要な価値を持つことを示しています。」

この研究は、精神心理学のインターナショナル・ジャーナルの2009年2月24日号で発表された。

■瞑想中の脳波の公開実験


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]