超越瞑想と他の瞑想法との違い(1)──集中法との違い

瞑想法の一つに、集中法がある。それは、心をコントロールして注意をある特定の対象に集中させる方法で、例えば、自分の呼吸や考えなど、特定の対象に意識を向ける。そうすることで、真理を見抜く力、落ち着き、高度な意識を得ようとする。チベット仏教、ヨガ、ヴェーダーンタの瞑想法、仏教の禅などがそうだ。

瞑想中による脳波の研究によると、心を一点に集中させる瞑想法を行っているときには、前頭部からガンマ波(20-50ヘルツ)が現れることが確認されている。ガンマ波とは、注意を一点に集中させる「活動」と関係した脳波である。

それに対して超越瞑想の実践中には、前頭部からアルファー波の同調が見られる。これは、心と体が深くリラックスした「安らぎ」と関係している脳波である。

超越瞑想の特徴は、心をコントロールしたり、集中しようとしたりしない。心の──より大きな幸福に向かうという──自然な傾向を利用して、まったく努力なく、自然に、心の落ち着いた状態をもたらす。超越瞑想の超越とは、心が完全に落ち着いた、活動のまったくない状態を示すものであり、その時、呼吸は静まり、脳機能全体が同調することがわかっている。これは、禅が定義する三昧にあたる(三昧──心、体、呼吸が整った状態)。この超越の体験によって、心、体、行動、環境にわたる幅広い効果を生み出すことが科学的研究によって確かめられている。

例えば、日常生活での不安感や憂鬱感が減少し、至福、活力、エネルギーが向上する。また、知能指数、創造性が増大し、一つのことに集中しているときにも広い視野を維持する能力が成長する。このような成長の先に見えてくるのが、太古からすべての瞑想法が目指してきた「悟り」の状態である。誰もが日常の生活を楽しみながら実践できる、簡単で努力の要らない超越瞑想は「悟り」に至るための王道と言えよう。


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]