自分には瞑想は合わない……でも試してみようと思った──エレン・デジェネレス

米国のコメディアンでトークショーの司会をしているエレン・デジェネレスが、昨年12月3日に「変化は内側から始まる」のチャリティーで開幕の挨拶を行った。ロサンジェルスで行われたこのイベントはデヴィッド・リンチ財団が主催したもので、超越瞑想の幅広い効果を人びとに知らしめるために行われた。

そのイベントの挨拶で、彼女は二年ほど前に学んだ超越瞑想の体験について話していた。

「私は以前にも他の瞑想法を試したことがありますが、いつも1分くらいで目を開けてしまい、『私には瞑想は無理だ』と思っていました。

しかし、初めてTM(超越瞑想)について聞いたとき、TMをしている人たちに、とてもよい印象を受けました。それでTMには何かがあるに違いないと思い、自分には瞑想は合わないかもしれないが、それでも試してみようと思いました。

そして実際に試してみたら、TMはとても素晴らしいものでした。あのような静けさを体験できるのは、TMのときだけです。私が長く座っていることができたのも、この瞑想法だけでした。目を開けて、20分たったことに気づくと、残念に感じるくらいです。瞑想の後は、とても穏やかな気持ちになります。

私はTMがとても気に入ったので、自分のテレビショーでも、できるだけTMについて話しています。でも、TMの素晴らしさは、言葉で表現することはできません。皆さんは、ただ静かに座って、自分自身の内側に入ることで、あらゆる恩恵を受け取ります。それは本当に美しい体験です。私は瞑想者であることを幸せに感じ、これからも続けていきたいと思っています。」

◆「変化は内側から始まる」でのエレン・デジェネレスの挨拶(日本語字幕付き)


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]