心臓病・脳卒中を減らすことを証明した超越瞑想の研究が何百ものメディアに掲載される

今週、新しい科学的研究の結果に関する記事が世界中の新聞に何百件も掲載された。その研究は、米国心臓協会が発行する雑誌『Circulation: Cardiovascular Quality and Outcomes』に11月13日に発表されたものだ。

この無作為化対照研究では、心臓病患者であるアフリカ系米国人の被験者のうち、超越瞑想を規則的に実践している者は、健康教育のクラスに5年以上参加している者と比較して、心臓発作や脳卒中を起こしたり、何らかの原因で死亡する率が48パーセント低いことがわかった。

瞑想を実践している被験者は、血圧が下がったことや、ストレスや怒りが減少したことも報告している。また、瞑想を規則正しく実践している患者ほど生存率が高くなっていると、この研究をミルウォーキーのウィスコンシン医科大学で行った研究者は語っている。

「私たちは、心身相関を管理するやり方でストレスを減らせば、この流行病にかかる率を減少させる助けになるだろうという仮説を立てました」と、研究主任のロバート・シュナイダー医学博士は言う。彼は、アイオワ州フェアフィールドのマハリシ経営大学で自然医療・予防研究所の所長を務めている。「超越瞑想をすると身体それ自身が持つ調剤機能が作動し、身体が自らを修復・管理するかのように見えます。」

この研究では、201人の被験者が、超越瞑想によるストレス軽減プログラムと、食事と運動を中心に生活習慣を修正する健康教育クラスのいずれかに無作為に振り分けられた。

超越瞑想プログラムに振り分けられた被験者は、1日2回、約20分ずつ座って目を閉じ、このテクニックを実践して、はっきり目覚めた状態のままで心と体を深く休息させた。

健康教育グループに振り分けられた被験者は、健康教育の専門家の指導の下で、体操などの心臓に良い行動を家庭で1日20分以上かけて行うやり方、健康に有益な食事の作り方、リラックスするための一般的な方法についてアドバイスを受けた。

研究者は、研究の開始時、3カ月後、その後は6カ月ごとに、肥満度指数、食事、プログラムの順守度、血圧、および心血管症状による入院に関して被験者の評価を行った。

心血管疾患は、多くの国で死亡原因の第1位になっている(日本では第二位)。米国における心臓病による死亡率は、黒人成年が白人成年と比べて約50パーセント高くなっている。米国には医療格差があるため、研究者はアフリカ系米国人に重点をおいて研究を行った。

「超越瞑想は、健康な人々にとっても、心臓の異常を診断された人々にとっても、心臓病のリスクを減らすものであると言えます」とシュナイダー博士は語る。

「超越瞑想と心血管疾患に関する研究は十分に確立されているので、医師は、患者のストレスを軽減するために、簡単に実践できて、標準化されているこの実用的なプログラムを、安全にそして決められた方法で処方することができます。」

この研究は、米国の国立衛生研究所の一部門である国立心肺血液研究所から助成金を受けて行われた。

原文・MARIO ORSATTI

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]