ケイティ・ペリーの特別な誕生日──超越瞑想によって学生や帰還兵を支援する呼びかけ

米国のシンガー、ケイティ・ペリーがツイッターで、学生や帰還兵に超越瞑想を提供するための支援をファンに呼びかけている。

超越瞑想プログラムで人生が変わったと語るケイティ・ペリーは、10月25日、彼女の誕生日に、デヴィッド・リンチ財団に寄付するよう呼びかけた。この財団は、米国を拠点とする慈善団体であり、スラム地区の学生や、戦争による心的外傷性ストレスで苦しむ帰還兵に、超越瞑想を学ばせるための資金調達を行っている。

ペリーはツイッターの2,700万人のフォロワーに向けて、次のようにツイートしている。

「超越瞑想は、私の人生を変えてくれました。私の誕生日に、その恩返しをしたいと思います。私への贈り物の代わりに、寄付をお願いいたします。」

TM(超越瞑想)をしていることを公言するセレブが増えているが、ペリーもその一人だ。それらのセレブには、オプラ・ウィンフリー、エレン・デジェネレス、ドクター・メフメット・オズ、ジェリー・サインフェルド、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、マーティン・スコセッシ、クリント・イーストウッド、シェリル・クロウ、モービー、ベン・ハーパー、ローラ・ダーンらがいる。

デヴィッド・リンチ財団の寄付窓口のウェブページには、TMを支援することについてのペリーのメッセージが掲げられている。

「私は、超越瞑想を続けてもう2年になりますが、瞑想ほど私の創造性や肯定的エネルギーを高め、人生を平和にしてくれたものは他にありません。疲れていたり、ストレスや不安を感じていたり、落ち込んでいるとき、私は瞑想をします。すると、気持ちがすっきりし、リラックスした気分になり、より幸せになっているのを感じます。私は友人たちと瞑想の体験を分かち合い、知り合ったすべての人に瞑想を勧めています。

私はデヴィッド・リンチ財団を支援しています。この団体は、戦場からの帰還兵、スラム地区の学校の生徒たち、暴力の犠牲になっている女性や少女たちのような、世界中で心的外傷後ストレスに苦しむ何百万人の大人たち、子供たちに超越瞑想を提供しているからです。

デヴィッド・リンチ財団に寄付することを通して、どうか私が誕生日を祝うことを手助けしてください。皆様からの寄付は、私にとって特別なお祝いになるだけでなく、皆様から瞑想という生涯役立つ贈り物を受けて人生を支援される人々すべてにとっても特別な祝福となるでしょう。」

ペリーは、ゴスペル音楽に囲まれた環境で成長し、後にポピュラー音楽の独自のスタイルを築き上げた。それによって今日彼女は、世界有数の女性ヴォーカリストの一人になっている。彼女は、ビルボードホット100のトップ10を52週にわたって維持した唯一のアーティストだ。最優秀アルバム賞(「ティーンエイジ・ドリーム」)、最優秀レコード賞(「ファイアワーク」)など、グラミー賞8部門にノミネートされている。

原文・Linda Mainquist

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]