人々が超越瞑想を始める一般的な理由 | NBC放送によるマハリシのインタビュー

1973年に、かの有名なNBCニュースのキャスター、エドウィン・ニューマンが、人気のテレビ番組「自由に話す」で、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーにインタビューを行っている。

彼は、なぜ、物質主義的なアメリカで超越瞑想が受け入れられているのかについて尋ねている。以下は、その30分間の番組のなかで話された内容の抜粋。

***

エドウィン・ニューマン:マハリシ。あなたの運動は、アメリカで非常に大きな人気を得ています。アメリカはしばしば、世界で最も物質主義的な国であると言われますが、なぜ、あなたの運動は、アメリカでこれほど広まっているのでしょうか?

マハリシ:その理由は、アメリカは世界で最も創造的な国だからだと思います。創造的な国民だけが、創造性に関する知識に価値を見いだすことができます。世界において、アメリカ人が一番、創造的知性の科学(意識に関する科学)を高く評価していて、二番目はドイツ人です。これら二つの国は、科学の面でも、技術の面でも、最も進んでいるので、TM運動は、この二つの国でより速く成長しているのです。

ニューマン:あなたは、TM運動を技術的な進歩に対抗する革命にするつもりですか?

マハリシ:いいえ。TM運動は、技術的な進歩をより高めます。技術は外側から快適さをもたらしますが、超越瞑想と創造的知性の科学は内側から快適さを増します。そして、これは技術的な進歩を賞賛することになり、人は成就を感じることでしょう。

ニューマン:TM運動が拡大した理由は他にもあると思われますか? あなたは、運動が最も成功している国は、アメリカと西ドイツだとおっしゃいました。あなたが言うように、これらの国は進歩した国であり、レジャーに多くの時間を費やしている国でもありますが、そのこととTM運動の発展と何か関係がありますか?

マハリシ:それは、ないと思います。レジャーの時間がとれるのは、人が短時間働くだけで、より大きな富を生み出しているからです。ですから、そのようなレジャーは、短時間で成功をおさめたことのご褒美です。人々は時間があるので、瞑想するわけではありません。成功している、時間のない人々の方が、瞑想する傾向があります。たくさん時間のある人は、瞑想しなくても時間の余裕があるので、瞑想しようとはしません。しかし、大きな責任を負っている人々は、その人の判断で成功が左右されるため、内面の落ち着きを成長させる必要があります。彼らは仕事で、自分自身の心の全潜在力を活用する必要があります。ですから、時間のない人々の方が、一日二回瞑想する時間を作っているのです。

ニューマン:多くのアメリカ人が超越瞑想に対して強い愛着をもっているように見えるのは、彼らが生きている人生に対する不満足の表現であるとは言えませんか?

マハリシ:そうではありません。超越瞑想の実践は、満足の表現をもたらすと思います。

ニューマン:私はTMの実践が何をもたらすのかについて話しているのではなく、何が人々を超越瞑想の実践に向かわせるのかということです。彼らが生きている生活への不満足が、彼らを超越瞑想へと向かわせているのでしょうか?

マハリシ:いいえ。人々がTMを行うのは、今ある人生の価値を実現するためであると言えるでしょう。心理学ではよく知られていることですが、人は、心のわずかな部分しか使っていないと言われています。そして、創造的な人は、自分が心のわずかな部分しか使っていないと聞くと、すぐに周りを見回して、どこかにすべての潜在力を活用する方法はないかと探し始めます。そして、超越瞑想の説明会で、全潜在力を活用できる方法があると聞くと、人々はそれを試します。試してみると、TMはよい方法である、正しい方法であると感じます。それは信頼できるものであると知り、彼らはそれを続けます。ですから、人々は今ある状況を受け入れ、より大きな達成、より大きな成就の可能性を実感して、瞑想を始めるのです。これが、人々が超越瞑想を始める一般的な理由です。

原文・tm.org


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]