実力派の俳優ベン・フォスターは、自分自身の声を聞くために瞑想する

ベン・フォスターは、最も知的で、感性が鋭く、才能豊かな実力派の若手俳優の一人だ。彼は、毎日の超越瞑想の実践が、彼のクリエイティブな演技の助けになっていると言う。

X-MEN:ファイナル ディシジョン」では美麗なミュータント、「3時10分、決断のとき」では腕の立つ悪役ガンマン、「メッセンジャー」では主役のイラク帰還兵を演じ、批評家や観衆の好むある種の創造性と強烈さを発揮してきた。フォスターは、常に挑戦的でドラマチックな役柄を選び、型にはまらない個性的な演技で、賞賛を得ている。

瞑想すると、映画のセットのなかでも平静さを保つことができ、役柄になりきることができるとフォスターは語る。

「朝と夕方に瞑想すると、心が澄みわたり、落ち着いて、エネルギーがわいてきます。澄んだ心のなかで、あるイメージや感覚がわいてくるので、それを演技に生かすことができるのです。」

フォスターはボストンで生まれ、4才のときに、アイオワ州のフェアフィールドに引っ越してきた。そこで、マハリシ・スクールに入学し、超越瞑想を学ぶ。マハリシ・スクールは、全校生徒と全教師が超越瞑想を実践している学校で、スポーツ、演劇、科学展などあらゆる競技会で、数多くの賞を受賞している。

このマハリシ・スクールで、フォスターは、12才のときから演劇を始め、台本を書いたり、監督をしたり、自分で主役を演じたりしてきた。その後、彼は家族と共に、ロサンジェルスに引っ越して、本格的に俳優としての活動に専念するようになった。

フォスターにとって超越瞑想は、毎日の習慣になっている。それは、頭を切り替えて、自分自身を取り戻すための時間で、ちょうどコンピューターをリセットするようなものだ。

「朝の5時から仕事があるとしたら、私は4時には起きて瞑想します。それが一日の活動のエネルギー源となるからです。

瞑想して、内側に静けさが増すと、自分が何を感じているのか、何を考えているのかを知ることができます。それによって、誰かに言われたことに悩まされることなく、自分自身の声に耳を傾けることができるのです。」

彼は、忙しいなかであっても時間と場所を見つけて、瞑想するように心がけている。

「私はよく、ランチの時間に、映画のセットのなかで瞑想しています。瞑想すると内面の強さが増して、その日の活動に取り組む準備ができます。

瞑想するのは、静かで快適な場所が一番ですが、ソファーや、車の後部座席、電車、飛行機、寝室、木の下だっていい。どんな場所でも、ただ目を閉じるだけで瞑想することができます。それは古代から伝わるテクニックで、私たちの内側に静寂をもたらしてくれます。」

原文・KEITH DEBOER

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]