硫黄島に出征した退役軍人が超越瞑想によってPTSDを克服

第二次世界大戦のパイロット仲間

文・ジェリー・イェリン

当時のジェリー・イェリン私は、第二次世界大戦で祖国のために尽くした16万人のうちの一人でした。18歳で入隊し、19歳のときにアリゾナ州フェニックスのルーク・フィールド航空学校を卒業し、21歳のときに硫黄島に着陸してそこで三週間を過ごしました。硫黄島は広さ20km2で、日本から1,046kmの位置にあります。そこに着いてすぐに私は死を身近に感じるようになりました。

1945年3月7日、私たちの戦隊は、擂鉢山のふもとの汚れた滑走路に着陸しました。私は自分のムスタングを駐機場まで地上走行させながら外の風景を眺め、膨大な量の日本兵の遺体が集団墓地に押し込まれているのを見ました。その光景と臭いは私の心に刻み込まれ、消えることがありません。それは21歳になったばかりの若者には衝撃的な光景でした。私たちの戦隊の駐留区域は、埋葬される海兵隊員の遺体安置所に隣接していたので、約7,000人のアメリカ海兵隊員の遺体が墓地に埋葬されるまで、その光景を見続けていました。日本から1,046km離れた面積20km2のこの島で繰り広げられた戦闘は凄まじいものだったのです。そこで21,000人の日本兵が命を失い、約7,000人の海兵隊員が戦死しました。

私は硫黄島から日本への長距離爆撃作戦に19回参加しました。私と一緒に飛んだ若いパイロットのうちの11名は、みんな私の友人でしたが、故郷に帰ることはありませんでした。一緒に出撃して、帰ってこなかったパイロットは全部で16名いました。

ある作戦での飛行中、航空学校からのクラスメートだったアル・シェレンは、「撃たれた、目が見えない」と無線で呼びかけた後、姿が見えなくなりました。「ずんぐり」のロバート・カールも、その日に消息を絶ちました。彼は私のテント仲間でした。

ジェリー・イェリンの飛行部隊

戦死者のうちの3人は、私の編隊僚機のパイロットでした。ダニー・マティスが他の26機の戦闘機と一緒に飛行中に空中衝突したのは、私が親知らずを抜いて地上待機していたときでした。ディック・シュレッペルは、父島を爆撃したときに私の後ろを飛んでいました。フィル・シュランバーグは、戦争が終わった1945年8月14日、雲の中で私の編隊から姿を消しました。

私たちは皆、誰が戦っているのか、なぜ戦っているのかを知っていました。そして戦争が終わり、戦闘機のパイロットが一般市民の中に戻ったとき、戦友はなく、飛行機はなく、守るべきものもなく、話をする相手もいませんでした。1945年から1975年までの30年間、私の人生は空虚でした。戦闘で経験した高揚感が日常生活の低迷感になったのです。私は、両親、妹、親戚、友人とのつながりをすっかり絶っていました。私は、知り合いの男たちが戦闘の体験を語っているのを聞くと、彼らが戦場どころか戦争地域にさえ入ったことがないのがわかります。知り合いの中で、自分の友人が目の前で死んだ体験を語ることができる人は誰もいません。陸軍航空隊で、私は、戦闘任務で飛ぶための訓練を受けましたが、戦争が終わって飛ぶのをやめたときに、どうやって社会に適応すればよいかの訓練は受けませんでした。

 

ジェリー・イェリンとパイロット

私は、何の満足感も、成功を求める意味も、価値ある人間関係も、見いだすことができませんでした。愛する妻と四人の息子たちに囲まれているのに、憂鬱で、不幸で、孤独でした。そのような断絶感、感情の欠如、落ち着きのなさ、空しい絶望感が1975年まで続いたのです。

1975年に私は超越瞑想という瞑想法を習いました。ほんの数か月で、人生は私にとって意味のあるものになり、そして86歳になった今、この瞑想は私に平和と満足をもたらしてくれたと言うことができます。

イラクとアフガンで現在続いている戦争がわが国の軍隊にとって厳しいものになっているのはなぜでしょうか? 最前線で戦う兵士たちにとって戦争が厳しいのはいつものことですが、イラクやアフガンでの戦争は、敵国の内部で、つまり、敵の領土の中、敵の本土の中、敵の都市の中で戦われているので、しっかりした前線基地がなく、捕捉すべき目標がありません。市民の一人ひとりが「敵」に見えるし、どの道路を走るのも危険に思えるし、どのゴミの山にも爆発物が隠されているように見えます。

私がこれを書いている2010年10月現在、イラクとアフガンの戦争によって、わが国の軍人の5,745人が戦死し、86,175人が負傷や病気で撤退しています。これまでに任務を経験した約200万人のうち、負傷や病気で撤退した割合は21.7パーセントに上ります。

 

PTSDを克服したジェリー・イェリン

2003年以後に軍務に就いた人々の35~40パーセントがPTSD(心的外傷後ストレス障害)になったと推定されています。現在の軍隊の平均年齢は21歳なので、これらの退役軍人は50~60年間のケアを要することになります。スティグリッツとビルメスが彼らの著書『三兆ドルの戦争』で推計したように、わが国の退役軍人のケアにかかるコストは、一人あたり年間5,765ドルであり、イラクとアフガンの推定210万人の退役軍人のケアに要する総コストは7,170億ドルに達すると思われます。この試算では、負傷や精神障害を受けた退役軍人の家族に給付金を支払う政府の追加コストは考慮に入っていません。負傷や精神障害を受けた退役軍人の一人ひとりが、その家族全員に悪い影響を与えるため、その家族全員が苦しみ、ケアが必要になります。

もし私がPTSDから回復した退役軍人の一例であるとすれば、すべての退役軍人に一つの選択肢として超越瞑想を提供すべきです。一度、超越瞑想を学べば、生涯にわたって健康な毎日を送ることができます。そして、超越瞑想を学ぶためのコストは、一人の退役軍人に支払っている一年間の治療費のわずか1/4にしかすぎません。わが国の若い退役軍人と彼らの家族が、イラクやアフガンでの戦闘のために被った深刻な影響から回復するのを助けるために、5000年の歴史があるこの治療法を利用しない理由があるでしょうか?

ジェリー・イェリン(筆者):アメリカ軍事作家協会の会員、『Of War and Weddings』『The Blackened Canteen』『The Letter and The Resilient Warrior』等の多くの本の著者

原文:JERRY YELLIN

■ベトナム戦争の退役軍人が心的外傷ストレス障害(PTSD)を克服した体験談

PTSDに関する超越瞑想の科学的有効性は、こちら

超越瞑想のPTSDに対する科学的研究

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]