ビートルズの訪印50年 ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンに愛された元妻に会ってきた

ビートルズが超越瞑想の教えを求めてインドを訪れてから今年で50年。リバプールで開催されたビートルズのインド訪問に関する特別展でジョージ・ハリスンの妻パディ・ボイドが記者会見を行い、超越瞑想について語った。以下は、Yahoo!ニュースからの引用。

◆ ◆ ◆

ビートルズとインドのつながりを作ったのはリードギタリストのジョージ・ハリスン(1943~2001年)と最初の妻パティ・ボイドさん(73)。

ビートルズのメンバーは、68年2月に、インドのリシケーシュにマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーを訪れます。物質的な豊かさを求める西洋からインドの超越瞑想に傾倒するビートルズに世界の若者は衝撃を受けます。パティさんは「それは本当に特別でマジカルな時間でした。多くの記憶を作り、もちろん偉大なビートルズ・ミュージックを豊かなものにしました」と振り返りました。

インド瞑想の旅はアルバム『ザ・ビートルズ』(通称・ホワイトアルバム)やその後のビートルズ作品にも影響を与えました。

「マハリシが女の子に言い寄ったという話が出ましたが、関心を集めようとした作り話でした。ジョン・レノンがリシケーシュを離れたのは、オノ・ヨーコに会うためだったと思っています。」

パティさんはジョージについて「彼はとても愛らしく、やさしかった。とても面白かった。ラブリー・ナンバーワン。瞑想を信じていたわ」と振り返り、「人生に深い理解を持っていた。スピリチュアルな人間よ」と話しました。

Embed from Getty Images
パティとジョージ

Embed from Getty Images

source:yahoo! japan news

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]