ステラ・マッカートニーの超越瞑想展で心の平和と直観を磨く

フランス最大級の百貨店ギャラリー・ラファイエット本店で、ファッションデザイナーのステラ・マッカートニーが企画した超越瞑想の展示会「静かなる聖域」が行われた。以下は、Yahoo!ニュースに掲載された記事からの引用

◆ ◆ ◆

会場であるギャラリー・ラファイエットの展示スペース「ギャラリー・デ・ギャラリー」の入り口には、脳内、あるいは産道のようなトンネルがある。そこを通り抜けると、ステラのメッセージや超越瞑想のメッセージがまとめられている。

    *もっとも多様性のある集まり。

    *最高の状態は、笑っている人だ。

    *手に入れることができるとわかっているものではなく、あなたが本当に欲しいものを求めなさい。

    *メディテーションをして楽しもう。

    *真実の幸福は内にある。

    *メディテーションをすればするほど、あなたはあなたらしくなる。

    *大きな魚を捕まえるには、深く潜らなければならない。

    *ネガティブな心はクリエイティビティの敵だ。

ステラの父、ポール・マッカートニーが活躍したビートルズは、1960年代後半にマハリシを追ってインドに向かったことがあり、超越瞑想はフラワーチルドレンなどヒッピーの間でもムーブメントになったという。その後、しばらく下火になったが、再び注目が集まり、映画監督のデヴィッド・リンチが2005年に超越瞑想を支援する団体を設立したり、ニコール・キッドマンやジム・キャリー、キャメロン・ディアス、ケイティ・ペリー、グウィネス・パルトロー、ヒュー・ジャックマン、ジョージ・ルーカスらが超越瞑想を実践していることを公言し、実践を勧めたりするようになっている。おそらく、2001年の9・11や2008年のリーマン・ショック、そして最近のデジタル化社会などが大きなきっかけだったと思われる。

ビートルズのジョン・レノンはかつて、伝道者だったマハリシや超越瞑想に対して、「今の若者たちは答えを探している。教会は適切な答えを出せないし、両親にも無理だ。物質的なことでは答えを出せない」「ヨガにはたくさんのテクニックがあるから、この瞑想法だけがそこ(自身の深部・魂)に到達できる方法だとは思っていない。重要なのは神聖な魂であり、瞑想はその神聖さを引き出し、神聖な状態になるためのテクニックだ」と語ったことがある。

source:Yahoo!ニュース

Embed from Getty Images

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]