ステラ・マッカートニーが瞑想をテーマにした短編映画に出演

瞑想をテーマにした短編映画「カーテンズ アップ(Curtains Up)」に、デザイナーのステラ・マッカートニーがカメオ出演した。

この映画は、1973年以来毎日、超越瞑想を実践しているという映画監督のデヴィッド・リンチの息子オースティン・リンチが制作したものだ。

ステラ・マッカートニーは、元ビートルズのポール・マッカートニーの娘で、親子で超越瞑想を実践している。

この映画の中で、ステラ・マッカートニーは「超越瞑想をすることでパーソナルな空間が生まれ、明晰さや注意力、幸福を得ることができる。個人的に大ファンでもあるデヴィッド・リンチはアイコンであり天才。彼には深い落ち着きがあり、その才能は誰にも否定できない。デヴィッドは映画界でも超越瞑想界でも功績を作ったと思う」と語っている。

「カーテンズ アップ」では、デヴィッド・リンチ本人やステラ・マッカートニーの他、著名な俳優、ミュージシャン、アーティストが超越瞑想を行なっている様子が9分間におさめている。

source:WWD JAPAN

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]