超多忙だからこそ、ジェニファー・ロペスは瞑想する!

一度にたくさんの仕事をこなすことは、誰にとってもプレッシャーだ。しかし、ジェニファー・ロペス(48才)は、それに慣れている。

彼女は、歌手、女優、ダンサー、ファッション・デザイナー、作家、プロデューサーとして、2001年に主演映画「ウェディング・プランナー」が公開された同じ週に、彼女のアルバム「J. Lo」がヒットチャート第一位になるという快挙を成し遂げた。

歌、ダンス、演技、映画製作、ビジネスのトップで活躍するかたわら、恵まれない人々が健康管理や健康教育を受けることができるように慈善団体も運営している。

しかし、そんな彼女でさえも、一度にたくさんの仕事をこなすのにも限度があった。

3年前、双子のマックスとエミーの母であるジェニファーは、ドラマ「ヘイズ・オブ・ブルー」の主演と、そのプロデューサーの仕事が重なったときや、ラスベガスのライブ「All I Have」の準備とTV番組「アメリカン・アイドル」の仕事が重なったときに、心をなんとか安定させるために何かが必要だと感じた。

「ときどき、一度にたくさんの仕事を抱えこみ、手に負えなくなることがあったので、超越瞑想を学ぶことにしたのです。」とジェニファーは「Us Weekly」誌にそう語っている。

さらに、ピープル誌のインタビューでは、瞑想のことを詳しく話している。

「朝と夕方に、1日20分ずつ瞑想します。それは私にとって必要なものでした。瞑想は、私の右腕(ブレイン)のようです。『確かに、今の仕事は私の許容範囲を超えている』と生まれて初めて感じました。」

「瞑想は、心、魂、精神、体の折り合いをつける完全にバランスのとれた健康法だと思います。そのおかげで、私の心と体は、うまく仕事をしたり、踊ったり、瞑想しています。そして、1日の終わりには、ただ幸せで、子ども達と一緒にいて、彼らが与えてくれる愛や喜びを感じるのです。それが、様々な活動のバランスをとる助けとなっています。ですから、仕事が狂ったように忙しいとは感じません。」と脅威的なスケジュールの中で、心の平静さを保つ秘訣について語っている。

それ以来、彼女はヒット曲をリリースし続け、テレビ番組「ワールド・オブ・ダンス」を制作したり、ラスべガスのライブショー「All I have」のチケット売上は過去の記録を更新することになる。観衆はまだなお、ジェニファーの驚くべき才能やエネルギーを目にしたいと望んでいるのだ。

「20才の頃にチャンスを手にしてから、自分のキャリアを維持するために、私は常に努力してきました。そして、アーティストとして、自分が行いたいことをすべて行ってきました。それは天の恵みのように感じます。」とジェニファー・ロペスは述べている。

 
Embed from Getty Images

原文:TM HOME

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]