双極性障害と共に生きる人生を描いた映画「タッチト・ウィズ・ファイア」

病気と苦闘した実体験に基づいて、ポール・ダリオは、双極性障害(躁うつ病)を患う二人の詩人の恋愛をつぶさに描いた傑作映画の脚本・監督を手がけた。彼の初の長編映画となる『タッチト・ウィズ・ファイア』は、単に芸術的表現にとどまるものではない。

この映画は社会の変化の必要性を訴え、双極性障害をもつ人々が現在どのように見られ、扱われているかという問題に向き合うよう観客をうながしている。

「その症状の中には美が存在する」

ダリオがその映画の着想を得たのは、1996年に出版されたケイ・レッドフィールドの本読んでいたときであり、その本の題名を自分の映画のタイトルにすることに決めた。その本には、歴史に偉大な名を残した芸術家には双極性障害であった人々が非常に多かったことの理由が説明されていた。

「自分は遺伝子に欠陥あるという考えから、それは天賦の才かもしれないという考えに変わります。自分は人生をなんとか生きているだけだという考えから、自分はこの症状のおかげで人生で有意義なことができるかもしれないという考えに変わります。その症状の中には美が存在するのです。」と、ポール・ダリオは「ハフィントン・ポスト」に語っている。

だが、ダリオは双極性障害であることを恥じる気持ちから離れるにつれて──彼が人生で経験したその段階を主演女優(ケイティ・ホームズ)が表現している──映画の中でルーク・カービーが演じる主人公がそうであったように、彼も自分の症状を美化するだけの段階にとどまることはできなくなった。

双極性障害を抱えながら人生の成功を目指すために、ダリオは、その症状を重荷として扱うことも、また、創造性を奪われることを恐れてその症状の治療を害悪と決めつけることも、やめなければならなかった。

「悲しみの感情が欠如した状態を想像してみてください」

ダリオは、直接体験から、双極性障害の患者の多くが彼らに処方される薬を嫌がっていることを十分すぎるほど理解していた。

ダリオは、自分の自殺のために家族が苦悩することがないように、薬物治療を受ける決心をしたときの経験を詳しく語っている。

「もし皆さんが何も感じない──感情が麻痺している──状態を想像できるならば、悲しみの感情が欠如した状態を想像してみてください。それは痛みよりも、もっと救いのない唯一の状態です。とても愛している親族の一人が亡くなったのに、その悲しみを感じることさえできない状態を想像してみてください。それは私に起こったことであり、それは薬物治療が原因でした。」と彼は回想する。

「一般の人々はそのような背景を知らないため、多くの患者が薬物治療を中断して、自殺という手段を選んでしまう理由を推し量ることができません。また、生来とても感情豊かなこれらの人々がなぜ人生を諦め、死を待つだけになり、そして自ら命を絶ってしまうことになるのか、理解することができないのです。」と、デヴィッド・リンチ財団が主催した映画の試写会の際にダリオは説明した。(以下の動画)


双極性障害とともに発展する──脚本・監督のポール・ダリオとの対話
 
双極性障害を抱えて生き延びるだけの人生が、双極性障害とともに発展していく人生に

幸いなことに、デヴィッド・リンチ財団の動画撮影の仕事をしたとき、ダリオは双極性障害をもつ別の人を紹介された。その人は彼に、瞑想のおかげでここ20年間は「80パーセントの時間」を幸せに過ごしてきたと話した。

「双極性障害をもつ人ならば、幸せという言葉を軽々しく使ったりはしません」と、ダリオは「ハフィントン・ポスト」に説明した。「嘘やたわ言でその言葉を口にすることはありません。その人は本心でそう言ったのです! 信じがたいことでした。それから、私は必ず1日2回瞑想するようになったのです。」

そして、それは、ポール・ダリオの状況を一変させることになるのだった(事実、TMがダリオに与えた肯定的な影響が非常に顕著であったため、彼の主治医のノーマン・ローゼンタールはそれに触発されて、瞑想が双極性障害に及ぼす影響に関する研究と著作を始めた)。

「TMを始めたおかげで、双極性障害を抱えて生き延びるだけの人生が、双極性障害とともに発展していく人生に変わったのです。なんとか生きていく人生から、本当に開花していく人生へと変化しました。」と、『タッチト・ウィズ・ファイア』の試写会で彼は語った。

「本当のことを言うと、(瞑想をしなければ)双極性障害に付随する才能を開花させて成功することはできないと思っています。なぜなら、瞑想以外には薬物療法しか治療の方法がなく、薬物療法とは、感情をむりやり抑制し、感覚や感受性をすっかり取り除くことによって患者を落ち着かせる方法だからです。そのため突如として患者はなんとか生きていくだけの状態に陥るのですが、それが治療効果のすべてなのです。」

しかし、超越瞑想をすることで、そのメカニクスが反転するのをダリオは感じている。そしてそれは一時的なものではない。

「瞑想は落ち着きをもたらすだけでなく、感受性を高め、感情を強くする効果が知られています。それにより、薬物療法の影響を少なく抑えることができるのです。」とダリオは確信をもって言った。

「私は、(薬物の)最小推奨用量よりも服用量を少なくしています。それができたのは、私ほど規則正しく瞑想をしている人は少ないし、それと同時に私が忍耐強かったからです。私は、本当に豊かで深い感情を持続できています。そして、取り去られることなくその感情を経験できています。」

この症状と共に生きるために、ダリルは彼の習慣と日々の摂生を忠実に守る必要があった。

しかし、TMを実践し、リチウムの服用量を少なめにし、早い時間に就寝し、アルコールを断ったおかげで、ダリルは彼の創造的な仕事と家庭生活のなかで感情を経験し、幸福をみいだしている(彼は同業の映画制作者であるクリスティナ・ニコロヴァと結婚しており、夫婦には二人の息子がいる)。

ダリルは瞑想に関する彼の個人的な体験を語っているが、それは、『タッチト・ウィズ・ファイア』で双極性障害を描写した目的と見事に共鳴している。

「病院でこの症状の治療を受けている人たちに聞いてほしいのですが、ヴァン・ゴッホは、あの最も愛されている空の絵をどのように思いついたのでしょうか。人類の遺産として大切にされているあの絵です。療養院の窓の外を眺めていたときに、彼はあの空を実際に見ていたのです。」と彼は語る。

「ヴァン・ゴッホが、最も愛される空の絵を人類に残したのであれば、この症状を人間の欠陥、人間の病気、人間の無秩序と定義することなど絶対にできません!」

「自然で健康的な方法で全身の神経を落ち着かせて、神経と感覚を麻痺させるような激烈な薬物の必要がなくなれば、実際に、ずっと多くの感情を経験しながら、同時に、打ちのめされることなく心の安定を保つことができるのです。」

「その事実から、この症状の治療に当たっている人たちが、病気を粉砕しようとするのではなく、天賦の才を支援する方法を学び取ってくれることを願っています。」とダリオは話を続けた。

Source:“Touched with Fire: Paul Dalio’s movie on living with bipolar disorder” by TM HOME
  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら