ワン・ダイレクションを脱退したゼイン・マリクが、ストレス対処のために行ったこと

ワン・ダイレクションを脱退し、婚約者がいながら別の女性との浮気が発覚したゼイン・マリク。彼は、そうしたストレスやプレッシャーになんとか対処する方法を見つけたようだ。

フランス南部で休暇をとっている間に、彼が、いかに穏やかで、冷静で、落ち着いていたかをHollywoodlife.comが報道した。以下はその抄訳。

◆ ◆ ◆

ストレスから解放されるために、ゼイン・マリク(22才)は、忙しい生活から離れて、フィアンセのペリー・エドワーズ(21才)と休暇を取っていた。ワン・ダイレクションを辞めてから、ソロ活動に関わる出来事や、フィアンセをだましたと責められていたゼインは、大きなストレスに悩まされていたと伝えられている。そうしたストレスを解消するために、彼は休暇中に何を行っていたのか?

「あらゆるストレスをうまく扱えるように、ゼインは超越瞑想を行っている」と関係者はハリウッドライフに語った。「フランス南部で休暇をとっている間、瞑想が大きな助けになっていたようです。ゼインは寝室に閉じこもり、周りの世界を締め出して、瞑想していました。彼はあらゆるプレッシャーを感じていたので、瞑想は心を落ち着けるのにぴったりです。今、行っていることや、次にやるべきことに集中する上で、瞑想が助けになっていたようです。」

関係者はまた、瞑想は、彼がソロ活動を始めていくなかで、名声というプレッシャーと戦う上での新しいテクニックになるだろうと語った。

「以前は、彼は決して精神的な人ではありませんでしたが、瞑想は彼を目覚めさせたようです。瞑想することで、彼は物の分かる賢明な人間になりました。」と関係者は続けた。「ソロの活動を始めていくなかで、彼は確実に瞑想の実践から恩恵を得ていくでしょう。つまり、うまくいけば、以前のようにプレッシャーに悩まされることはなくなるかもしれません。」

 
Source:“Zayn Malik: How He’s Coping With Stress After Leaving One Direction” by Jon Boon, Hollywoodlife.com
  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]