超越瞑想は、裕福な著名人の一時的な流行ではない

昨年、デヴィッド・リンチ財団が主催したチャリティー・コンサートが開催されたのを機会に、ニューヨークタイムズが超越瞑想について書いている。

以下は、その記事からの引用。

◆ ◆ ◆

クラッシック・ギター奏者のシャロン・イスビンは、1日2回、瞑想することを好んでいる。

超越瞑想は、近年のマインドフルネスと呼ばれている「すべてに気づいている意識」に達するための1960年代からある瞑想法だ。1967年に、ビートルズが、超越瞑想の創始者であるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの後を追ってインドに旅して以来、長年にわって有名人からの支持を得てきた。

昨年11月には、ケイティ・ペリー、スティング、ジェリー・サインフェルドらが、ニューヨークで行われたデヴィッド・リンチ財団のチャリティー・コンサートに参加している。この財団は、映画監督のデヴィッド・リンチが超越瞑想のメッセージを広めるために設立した組織だ。

今日では、超越瞑想の支援者は非常に多い。こうした状況から、超越瞑想は、ニルヴァーナを探し求める裕福な著名人の一時的な流行でなかったことがわかる。

1日2回、ストレスを減らすために行う、この簡単な瞑想法は、21世紀に入ってから、公立学校、ヘッジファンド、退役軍人の間に広がってきた。

 
Source:Spreading the Word on Transcendental Meditation (By VICTORIA SHANNON)
  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]