テロや紛争を解決するために、科学者が政府に提案する

テロや紛争を科学的に証明されたテクノロジーによって解決するように、科学者たちが政府や富裕層に呼びかけている。以下は、ニューヨーク・タイムズ(2015年12月3日)に掲載された意見広告の日本語訳。

◆ ◆ ◆

 

テロや紛争の科学的解決策

オランド大統領、オバマ大統領、プーチン大統領、全ての国家の指導者

世界の平和を愛する博愛的市民への公開状

 
ヨーロッパ、ロシア、アメリカの指導者たちはフランスで起きたテロリストの攻撃やシリアなどで続いている紛争に対する適切で効果的な対応を見いだそうと苦慮してきました。

残念ながら、私たちの軍事的指導者や政治的指導者がこれらの危機を解決するために選択する方法は、優れた方法とは言えません。経済的な制裁や外交的な圧力は、テロリズムに対して効果的ではありません。また、軍事的な対応は、すでに反感を抱いている人たちの敵意を燃え上がらせて、報復やさらに大規模なテロを招くおそれがあります。暴力によって平和を創造しようとすると、そのような結果が避けられません。では、どうしたらそのような危険で困難な脅威を解決できるでしょうか?

幸運なことに、もっと優れた方法があります。これは革新的で、平和的で、優れた実績のある科学的に証明ずみの方法です。
 

紛争をその源から鎮める

戦争や紛争は強い社会的ストレスによって助長されるということが、これまでの調査から分かっています。対抗するグループ間で社会的、民族的、宗教的な緊張が高まり、それが放置されると、必然的に社会的な暴力となって噴出します。また、こうした社会的な緊張は、全人口の中のほんの少数のグループがストレスを軽減し平和を促進する強力なテクノロジーを使うことで効果的に緩和できることが、同様にこれまでの調査から分かっています。たいていの場合、こうした少数のグループは軍や学校や大学の内部に設けられます。

個人のレベルでは、このストレスを軽減する強力な方法によって、心的傷害後ストレス(PTS)などの強いストレスでさえも中和できることが分かっています。兵士や退役軍人や、戦争で荒廃した地域で暴力の犠牲となった人々の扁桃体(脳の中の「恐怖の中枢」)の興奮が鎮まり、脳機能のバランスが回復します。

社会的なレベルでも、社会の中の少数のグループがこの同じテクニックを使うことによって静けさを回復して社会的な暴力を鎮める実験が、中東などの世界中の紛争地域で何度も行われてきました。そして、その一貫した結果は、その地域でのテロや戦争や社会的な暴力の大幅な減少でした。こうした発見は、その後の50件以上の調査によって再確認され、多くの研究者たちに支持されています。いくつかの論文は、厳しい査読をへて主要な研究誌にも掲載されました。この方法の効果は、科学的に疑問の余地がありません。

政治的・宗教的な根深い緊張によって引き裂かれた国や地域で社会的な平和を達成することは、歴史的にも困難なことです。特に、社会的な暴力の根底に構造的な原因があるときには、すなわち、社会に浸透した強いストレスがあるときには、なおさら困難です。そうした社会に蓄積した強いストレスを解消しないかぎりは、これまでの一般的な紛争解決策は成功しそうにありません。しかし、そのような緊張が大幅に緩和されれば、社会の平和を達成し、維持することは、これまでよりも容易になるでしょう。

中東の複数の紛争に関する広範囲にわたる調査では、社会の強い緊張が軽減されれば、すぐに戦争や暴力が静まり、交渉による解決に至ったことが確認されました。このような結果は、中東や他の紛争地域で少人数のグループが協力すれば達成可能です。
 

調査によって効果が確認される

この新しい方法の最初の実験は、1982年のレバノン戦争のときから始まりました。そして、1983年に、平和を生み出すために現地に派遣されたグループに関する調査が毎日行われましたが、グループの人数が多いときには戦死者が76%減少しました (p < 10の-7乗)。さらに、犯罪、交通事故、火事などの社会的ストレスの指標の全てが大幅に減少しました。結果に影響を与える可能性がある他の要因は、統計的にコントロールされました。 (Journal of Conflict Resolution 32: 776–812, 1988)

こうした結果は、その後、レバノン戦争が激化した2年間に実施された7件の実験によって再現されました。その結果の一部を次に示します。

  • 戦争に関係した死者の数が71%減少 (p < 10の-10乗)
  • 戦争に関係した負傷者の数が68%減少 (p < 10の-6乗)
  • 紛争の激しさが48%低下 (p < 10の-8乗)
  • 敵対者間の協力が66%増加 (p < 10の-6乗)

こうした複数の結果が同時に偶然に起こる確率は10の19乗分の1以下であり、社会的ストレスや紛争を緩和するこうした効果は、社会科学の歴史において最も厳密に証明された現象となりました。 (Journal of Social Behavior and Personality 17(1): 285–338, 2005)

さらに、平和を創造する専門家たちの3つの大きな集会によるテロに対する全地球的な影響が、ランドコーポレーションによって収集されたデータの分析を通して遡及的に調査されました (アメリカで1983-84年、オランダで1984-85年、アメリカで1985年)。データの分析から、3つの集会の期間中には世界中のテロが、当時の2年間の他の週に比べて72%減少していたことが明らかになりました。どの集会でも、全地球的な平和の影響を創りだすために必要と予測された人数(8,000人)に迫る、あるいはそれを超える参加者が集まりました。この調査では、テロの減少が測定に使用された変数の周期的または長期的な変動や季節的な変動によるものではないことが確かめられています。 (Journal of Offender Rehabilitation 36 (1-4): 283–302, 2003)
 

全地球的な適用

今や、地域的および全地球的な紛争に対する科学的に確認された解決策が利用できるようになりました。ですから、それを直ちに利用するべきです。理想的には、蓄積した社会的ストレスを地球的規模で中和できる強力な調和の影響を創りだすために16,000人の平和を創造する専門家たちの恒久的なグループを確立するべきです。そのようなグループを訓練し維持するための費用は、戦争の費用に比べればごく小さなものです。シリアの紛争だけでも、外部の国々の費用は1日に1000万ドル、1年に36億ドルにのぼります。それに対して、平和を創造する専門家たちの16,000人のグループを維持するための費用は、ステルス爆撃機1機の値段以下です。

平和のための科学者の世界連盟(The Global Union of Scientists for Peace, GUSP)は、紛争で荒廃した国や地域の兵士たち、規模の大きな大学の学生たち、大企業の従業員たちに、この脳科学に基づく平和促進テクノロジーの訓練を提供する準備ができています。超越瞑想テクニックとその上級プログラムを含むこのテクニックは、系統的で、容易に学ぶことができ、宗教的または哲学的な内容を含んでおらず、しかも直ちに効果が得られます。このテクニックはすでにトラウマ性のストレスと闘う大勢の兵士たちによって利用されており、また、軍隊の訓練にも取り入れられています。世界中の多くの学校や企業でも利用されています。
 

世界中の裕福な人たちの指導力が求められています

もし、政治家たちがこの科学的な解決策をすぐに実行しないのであれば、私たちはそれを実行する責任を裕福な人たちに引き受けていただきたいと思います。裕福な人たちには、社会の人々に対する親としての責任があります。裕福な人たちには、政治家のように選挙に振り回されることなく、社会全体を安全に守り、豊かに育てる資力や能力があります。

今こそ、世界中からの緊急な要請に応えて、「恒久的な世界平和のための基金」を設立すべき時です。この基金からの収入は、社会的ストレスを中和する16,000人の平和を創造する専門家たちの恒久的なグループを訓練し維持して、それによって世界全体に調和と平和と肯定性の影響を直ちに生み出すという目的だけに使われます。

全ての平和を愛する裕福な人たちが協力して、あるいは独力で、この基金を設立し、自分自身のために、また全ての人たちのために、実際的で明白な恒久的世界平和を創りだしてくださることを期待しています。
 

失うものは何もありません

科学的に証明された方法で直ちに世界中の悲劇的な暴力を終わらせることができるというのは、できすぎた話のように聞こえるかもしれません。幸運なことに、科学的方法には仮説が真か偽かを調べる厳密な経験的基準があります。この方法は、現代科学の最も厳密な基準によって、徹底的に検証されています。

この方法を使うことによって、何も失われるものはなく、多くのものが得られるでしょう。費用はごくわずかですみます。一回の軍事的攻撃に要する費用よりも少ない費用で、十分な数の兵士や警察官、あるいは工場の従業員、公務員、大学の学生などを訓練することができます。そうすれば、すぐにはっきりとした平和の高まりが見られるようになるでしょう。

このたびのヨーロッパの危機に対処するために必要なことは、ヨーロッパの国の政治的または軍事的な指導者が適切な人数(国の人口の1%の平方根、例えばフランスの場合は800人)のグループを指定して、その人たちにこの脳科学に基づく平和促進テクノロジーの訓練を受けてもらうことです。必要な訓練は私たちGUSPが提供します。

これが実施されれば、次のような結果が得られます。

  • 60日以内にテロや社会的暴力の明らかな減少が見られる。
  • 地域全体に調和的な関係が増加する。
  • 地域全体に秩序の回復、経済や社会動向の改善が見られるようになる。
  • 副次的効果として、この実験に参加した人たちの健康や活力が向上する。

EUの永続的な平和を確実にするためには、EU内のすべての国が適切な人数の調和創造グループを作って、それを維持するべきです。

今こそ行動の時です。

平和のための科学者の世界連盟

こうした手法を採用し、その結果を見てみたいと思う、政府の代表者や民間の慈善家の方がいましたら、こちらまでご連絡(英語)ください。(日本語でのお問い合わせはこちら)


※「平和のための科学者の世界連盟(THE GLOBAL UNION OF SCIENTISTS FOR PEACE)」は、戦争・テロ・核兵器の拡散の防止と国家の安全と全地球的な平和のための、安全で科学的に証明されたテクノロジーを促進するために設立された、科学者や専門家たちの団体です。主要メンバーのリストは、こちらをご参照ください。

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]