人は苦しむようには作られていない。至福こそが私たちの本質──デヴィッド・リンチ

最近、ポーランドのビドゴシュチで開催された国際映画祭でデヴィッド・リンチ監督は特別功労賞を受賞した。そのときに行われたインタビューで、リンチ監督は「人間には、限りない可能性が秘められている」と語っている。以下は、そのインタビューの抄訳。

──今は、どんな活動をしているのですか?

リンチ:絵を描いたり、音楽を作ったり、いろいろなことをしています。

──そうした活動のバランスをとりながら、通常は、どのような一日を過ごしているのですか?

リンチ:朝起きて、コーヒーを飲んで、タバコを吸います。それから超越瞑想を行い、仕事に出かけます。その日に何をするのかは、そのとき浮かんできたアイデアによります。私はいつも「それはアイデア次第だ」と言っています。

ただ通常は、朝に絵を描いて、午後に音楽の仕事をしています。もし他のアイデアが出てきたら、朝と午後にそれを行います。もしくは、大抵は、音楽のスタジオで一日を終えることが多いです。

──あなたは超越瞑想を大切な日課にされていると聞いていますが、超越瞑想を行うと、実際、何が起こるのですか?

リンチ:超越瞑想は、心のテクニックです。古代から伝わるこの瞑想法は、すべての人が内側へと潜っていき、あの最も深い生命のレベルを体験できるようにします。生命の永遠なるレベルとは、純粋意識、実在の統一された場、真我であり、それを体験できるようにします。

あの最も深いレベルを体験するたびに、人はそのいくらかを吸収します。そして、意識が拡大し始めます。その人の意識がどれくらい大きいかに関係なく、それが拡大し始めます。すべての人間が意識をもっていますが、すべての人が同じ大きさの意識をもっているわけではありません。意識の質は、あの最も深いレベルにおいては枠がなく、限りない創造性、限りない幸福、限りない愛、限りないエネルギー、限りない平和という質をもっています。

瞑想すると、私たちは超越し、あの最も深いレベルを体験し始めます。それは、とても素晴らしい感覚です。私たちはそれを吸収し、その中で成長します。その副次的な効果として否定性が消えていきます。不安、ストレス、トラウマ、悲しみ、憂鬱感、憎しみ、怒り、恐怖が消え始めます。私たちは、もっと大きな開放感のなかで行動し始めます。自分自身の内側から、黄金が生み出され、いらないものは消えていきます。

そのようにして、人間に備わる潜在力を完全に開花させることができるのです。人間の潜在力が完全に開花した状態は、「啓発(悟り)」と呼ばれます。それは完全に満たされた状態、完全に自由な状態、無限の幸福の状態です。それが人間の潜在力が完全に開花した状態であり、そうした啓発の状態を楽しむことは、すべての人がもっている生まれながらの権利です。

超越瞑想は、心をコントロールしたり、何かに集中させたりしません。それは努力なく簡単にできる瞑想法です。心や理知のより深いレベルを体験しながら、内側へと潜っていきます。理知の境目で、あなたは超越し、あの永遠なるレベルを体験します。それは非常に非常に素晴らしい体験です。超越瞑想は、10才の子供でも行うことができますし、110才の年配の方でも行うことができます。考えることのできる人なら誰でも瞑想することができ、人生はもっともっとよいものになっていきます。

──最近は、あまり映画を見る機会がないと話されていましたが、あなたは今でも他の人の作品から、芸術性を取り入れる努力をしていますか?

リンチ:ええ。私は、人びとが何をしているのかを見るのが好きで、自分の好きな作品をたくさん見てきました。それは明らかに、インスピレーションを与えてくれます。私は、他の人が生み出したアイデアに触れるのが好きです。彼らが得たアイデアを再加工し、形を変えて表現するのは楽しいことです。

すべての人が創造性をもっていますが、自分のアイデアを表現する方法をもっていません。人びとは一日中、やりたくない仕事をしなければならず、自分のアイデアを表現する時間もないのです。それは残念なことです。

──超越瞑想がもたらす影響は、感動的な映画や芸術作品を鑑賞することで得られる影響と似ていますか?

リンチ:いいえ。力強い映画を見ることは、人生で力強い体験をするようなものです。それは素晴らしい体験かもしれませんが、表面的な体験です。素晴らしい映画を見ると、ゾクゾクして感動します。美しい音楽のように、素晴らしい映画は、生命のより深いレベルを活性化することができます。しかし、超越瞑想は、私たちをその最も深いレベルへと連れて行きます。瞑想を学んだ最初のときからです。それは非常に素晴らく、至福に溢れています。それは非常に深遠な、宇宙的な体験です。

脳波の研究によると、超越を体験しているときには、脳全体が活性化されることがわかっています。そのような脳全体の活性化は、超越を体験しているときにだけ起こります。例えば、ピアノをひいているときには、脳のこの部分が機能しており、数学の問題を解いているときには脳のこの部分、絵を描いているときには脳のこの部分が機能します。

しかし、超越を体験しているときには、脳全体が機能しているのです。それは脳全体が同調して機能している状態です。それは人間が生命の最も深いレベルと関係していることを示しています。超越瞑想は、私たちを生命の最も深いレベルへと連れて行くためのテクニックです。超越瞑想を行うことは、金庫のカギを手にするようなものです。そのカギがあれば、誰でも簡単に努力なしに私たちの内側にある金庫のドアを開けることができます。それは、人類にとって非常に重要なものです。

──あなたは、瞑想からでてきたときに、その日に何をするのかを決めるのですか?

リンチ:瞑想からでてくると、リフレッシュされ、より幸せで、エネルギーが溢れてくるのを感じます。それが普通の感覚です。すべての人間が、至福を感じるように作られています。至福とは、非常に強い幸福感、濃厚な幸福感です。人間は苦しむようには作られていません。至福こそが私たちの本質です。一人ひとりの人間が、宇宙的な存在です。

人間として生まれてくることは、非常に素晴らしい祝福です。なぜなら、人間には、限りない可能性が秘められているからです。そのようなことは学校では教えてくれませんが、もっともっと多くの人びとがそれに気づき始めています。彼らは求道者と呼ばれ、何かを探し求めています。それが何であるのかはわからなくても、それがあるということを知っています。それが、人間の中に組み込まれているのです。それは非常に非常に素晴らしいことです。超越して、内なる至福を体験するとき、その人が最初に言うことは、「どうもありがとうございます」という言葉です。それは非常に素晴らしい体験です。

参照情報:COMINGSOON.NET

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]