ジョージ・ルーカス教育財団が制作した短編動画「静かな変革」に描かれた教育問題の解決策

映画「スターウォーズ」シリーズを制作してきたジョージ・ルーカスは、以前から教育に関心をいだき「教育こそが最も重要な仕事である」と語っている。

彼が創設した、ジョージ・ルーカス教育財団は、現在、アメリカの教育界に革新を起こす力となっている。財団が運営する「エドゥトピア(edutopia)」のサイトでは、ビデオを通して、科学的根拠に基づいた革新的な教育手法を紹介し、映像の力で教育現場の変革をめざしている。

最近「エドゥトピア」では、「静寂の時間プログラム」を採用したサンフランシスコの中学校を取材し、短いビデオを制作した。「静寂の時間プログラム」とは、学校で教師と学生が1日2回、超越瞑想を行う教育プログラムだ。

その中学校は、貧困と暴力に囲まれた環境のなかにある。ジェームズ・ダーク校長は、そうした悪環境が子供達に大きな影響を与えていると語る。

「都会の多くの学校は、まるで刑務所のようです。なぜなら、ほとんどの子供達は手がつけられないからです。その原因は、彼らが住んでいる環境にあります。子供達は、幸福感や安心感を感じているときに初めて、何かを学ぼうとしたり、創造的になることができるのです。ですから『静寂の時間』のことを聞いたとき、私たちは勇気を持って、生徒達に瞑想を教えるという新しいプログラムに取り組みました。」

学校の初めと終わりに「静寂の時間プログラム」を行うようになってから、緊張とストレスに苛まれていた子供達の心に安心感が訪れたようだ。それによって生徒の行動は明らかに変わり、学校全体が調和的になってきたという。

6年生担当の教師、ローズ・ルドウィグは、この変化を次のように語っている。

「超越瞑想は、問題に対処する能力を子供達に与えています。問題をうまく処理できないと、問題はいつまでも続くことになります。瞑想を始めてから、子供達の態度や行動に、はっきりとした違いが見られました。授業中、彼らは自分自身の態度や行動を、うまく扱えるようになっています。」

ジョージ・ルーカスは、このような革新的な教育を紹介する取り組みについて次のように語っている。

「教育は民主主義の基盤であり、子供達の全潜在力を開発するための手段です。私たちの財団は、革新的な授業を行っている最も興味深い学校を取材し、ビデオや記事を作り、そうした教育法を広めています。人々にインスピレーションを与えるような教師や生徒達に光を当てることで、他の人たちにも、どうしたら学校を変えることがきるのか考えてもらいたいと思っています。」

以下の短いビデオを見れば、「静寂の時間」を取り入れた学校がどう変わったかがよくわかるだろう。

■静かな変換(制作:ジョージ・ルーカス教育財団)

  

最寄りのセンターを選んで無料の説明会にご参加ください。

※スマートフォンでは横にしてご覧ください


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]