インタビュー:ポール・マッカートニーが超越瞑想について語る

超越瞑想とマハリシとの出会いについて話すポール・マッカートニー

2009年4月4日、ニューヨークのラジオ・シティ・ホールで行われた超越瞑想のチャリティーコンサートに、元ビートルズのポール・マッカートニーが出演した。このコンサートのテーマは「変化は内側から始まる」というもの。ポール・マッカートニーは、昔のバンド仲間のリンゴ・スターや、ドノバン、エディ・ヴェダー、シェリル・クロウ、ベンハーパー、モービーなど一流のミュージシャンと共にステージに立った。6000人の熱狂的な音楽ファンと、TM(超越瞑想)を支援する人々が集まったこのビックイベントは、「一生で最高の音楽イベント」と新聞で報道された。

賑やかなコンサートが始まる前に、映画監督のデヴィッド・リンチはカメラの前に座って、ポール・マッカートニーと静かに話をした。ポールは40年以上、TMを実践していることや、マハリシとの出会い、いかにマハリシとTMが自分の人生に影響を与えたかについて率直に語った。ポールがその当時のことを話したのは、数十年間で初めてのことだった。それはちょうど彼らの音楽が、まさに世界の音楽、文化、未来を変えた時代だった。

そのインタビューの中で、デヴィッド・リンチ監督はポールに「瞑想という言葉を初めて聞いたとき、どのように感じたか」と尋ねた。

「ジョージ・ハリソンの妻のパティがマハリシが町に来るという話を聞いて、私たちは全員、行くべきだと言ったんです」とポールは語った。

「60年代は活動が多すぎて、自分の中心が定まらず、何かを探していたのだと思います。 私たちは、マハリシがミーティングを開いて講義を行う予定だと聞きました。 瞑想について聞いたのは、そのときが初めてでした。」

ポールは少し間を置いて、40年前にマハリシに会いに行ったときのことを思い起こし、こう語った。「私たちは瞑想にとても興味をもちました。そして瞑想は、試してみる価値があるように思えました。マハリシは、とても話が上手でした。瞑想はとても簡単で、とても魅力的だと感じさせてくれました。」

以下がその時のインタビューだ。

■リンチ監督によるポール・マッカートニーのインタビュー


超越瞑想の公式サイトはこちら

[`evernote` not found]