超越瞑想は、本当に効果があるか?……試してみた。

騒がしい日常のなかで安らぎのオアシスを求めて、やがて超越瞑想を試すことになった。

私が超越瞑想を学んだ理由と、今も続いている理由

私は人生の大部分を激しい不安やパニック発作で苦しんできた。

 

スラムの子供たちを柔道と瞑想で教育──メダリストの柔道家フラビオ・カント

ブラジルの柔道家フラビオ・カントは、これまでに2004年アテネのオリンピックで銅メダル、パンアメリカン大会で3メダルを獲得している。彼は、彼の教え子たちに、柔道にとって最も重要なことを次のように話している。

香川選手所属のドルトムントが超越瞑想を採用

日本代表の香川真司選手が所属するドイツのサッカーチーム、ドルトムントがトレーニングの一つとして瞑想を行っていると独紙「フランクフルター・ルントシャウ」が報じた。

研究結果:受刑者のトラウマ症状が瞑想によって改善される

最近の研究で、刑務所の受刑者のトラウマ(精神的外傷)症状を超越瞑想が軽減させることが明らかになった。

テロに戦わずして勝つ方法

暴力やテロといった問題を静かに解決する方法がある。ナチュラル・ヘルスの専門家イレーヌ・ガバラスさんは、その方法が瞑想であることをハフィントンポストで取り上げた。

もう過去に引きずられない

私の名前は、オリアナ・レオです。 私は、2015年6月中旬から、超越瞑想を実習しています。突然、習い始めて、最初の瞑想中に超越しました。それは信じられない体験でした。

乱高下する相場のなかで、投資家は静かに瞑想する

ウォールストリートで流行っている瞑想は、さらに勢いを増している。瞑想によって投資家は、心を静め、業績を上げ、より賢明に、より健康的になっているからだ。

人生を変えるのは簡単。不精な人でもね──エイミー・シューマー

何百万人もの人々がエイミー・シューマーに心奪われるのは、彼女の率直さが人々を楽しませるだけでなく、学ばせてくれるからだ。

デヴィッド・リンチ監督が43年間一日も欠かさないで行っていること

「ツイン・ピークス」の制作で多忙のなか、TM(超越瞑想)に関したパネルディスカッションに出席したリンチ監督が、ロサンゼルス・タイムズのインタビューに答えている。彼自身の体験から、TMはあらゆることの成功の鍵になる、ということだ。

瞑想は、身体が体験できる最も効果的なストレス解消

女性向けの情報サイト「POPSUGAR」の編集者、ハンナ・ウェール・マッキンレーさんは、学生の頃に父親からもらった贈り物が、その後、人生を支えていると、ブログで書いている。その贈り物とは、超越瞑想だった。

TMは、私の脳に効き目があった。

米国の女性向けの情報サイト、SheKnowsでライターのリジー・ヒルさんがTM(超越瞑想)を学んだ後の変化について綴っている。曰く、TMは、私の脳に効き目があった。

職場で同僚が射殺された衝撃──ストレスとトラウマが尋常ではないレベルから立ち直る

アーロン・トーマスさんが同僚のデビッド・リースに射殺された事件後の数日間で、ニューヨーク市の環境保護局は、キングストンの職場で起こった恐ろしい暴力行為のショックから職員が立ち直るのを助けるために、いくつもの団体からカウンセラーを雇い入れた。

職場での瞑想がビジネスマンの能力を高めている

ビジネス界では、ストレス対策の一環として瞑想を利用している。特に超越瞑想の効果は、仕事に対する満足度、職務遂行能力、心配や緊張が軽減、意志決定の能力向上と多岐にわたっているとBusiness.comが報告している。

現役軍人のPTSD(トラウマ)が瞑想で改善されるという研究結果

米国のジョージア州にあるアイゼンハワー陸軍医療センターは、現役軍人の治療に超越瞑想を利用した最初の医療機関だ。

双極性障害と共に生きる人生を描いた映画「タッチト・ウィズ・ファイア」

病気と苦闘した実体験に基づいて、ポール・ダリオは、双極性障害(躁うつ病)を患う二人の詩人の恋愛をつぶさに描いた傑作映画の脚本・監督を手がけた。彼の初の長編映画となる『タッチト・ウィズ・ファイア』は、単に芸術的表現にとどまるものではない。

瞑想が教室で成果を上げている

いまや米国の多くの学校は超越瞑想を採用し、生徒たちの態度や能力を高めている。サンフランシスコ統合学区では、これまでに5つの学校で教師と生徒達が超越瞑想を実践し、成果を上げていると、QCOnline.comが報告している。

セレブの瞑想者たち──クリント・イーストウッドからトランプ・ファミリーまで

最近、ハリウッド俳優やファッションモデル、経営者らが健康増進に瞑想を行っていると公言している。特に超越瞑想の実践者にはそれが顕著だ。

犯罪は瞑想で防止できるか? 最新の研究データによる裏付け

2010年までの三年間は、米国にとって特別な次期だったかも知れない。なぜなら、アイオワ州フィエアフィールドには、2000人規模の瞑想者が集まり、超越瞑想の上級プログラム(TMシディプログラム)をグループで継続して行っていたからだ。

UCバークレーの学生時代に学んだ瞑想が人生を変えた

UCバークレー(カリフォルニア大学バークレー校)に在学中、シャロン・ロシャコフさんは、構内で定期的に開催されていたTM説明会に参加し、超越瞑想を学んだ。その学生時代の体験から、彼女はTMを教える仕事に就いている。

トランプか、ヒラリーか:次期大統領が瞑想すべき7つの理由

著名な精神科医のノーマン・E・ローゼンタール医学博士が、米国の大統領の立候補者に向けて、彼らの状況をうまく扱うために賢明なアドヴァイスをしている。そのための秘訣が「瞑想」だった。以下は、FOX NEWS.COM に掲載された博士の呼びかけ。

「静寂の時間」は、問題を抱えた学校を癒やす助けになるか?

30年以上にわたってリッチモンド郡の公立学校で働いてきた元教師のエドワード・マナーさんが、問題が山積みである教育現場で超越瞑想を採用した学校が目覚ましい成果を上げていると、Chronicle.Augusta.comで報告している。