超越瞑想は、本当に効果があるか?……試してみた。

騒がしい日常のなかで安らぎのオアシスを求めて、やがて超越瞑想を試すことになった。

私が超越瞑想を学んだ理由と、今も続いている理由

私は人生の大部分を激しい不安やパニック発作で苦しんできた。

 

瞑想が教室で成果を上げている

いまや米国の多くの学校は超越瞑想を採用し、生徒たちの態度や能力を高めている。サンフランシスコ統合学区では、100以上の学校と5万3000人の生徒が実践し、成果を上げていると、QCOnline.comが報告している。

セレブの瞑想者たち──クリント・イーストウッドからトランプ・ファミリーまで

最近、ハリウッド俳優やファッションモデル、経営者らが健康増進に瞑想を行っていると公言している。特に超越瞑想の実践者にはそれが顕著だ。

犯罪は瞑想で防止できるか? 最新の研究データによる裏付け

2010年までの三年間は、米国にとって特別な次期だったかも知れない。なぜなら、アイオワ州フィエアフィールドには、2000人規模の瞑想者が集まり、超越瞑想の上級プログラム(TMシディプログラム)をグループで継続して行っていたからだ。

UCバークレーの学生時代に学んだ瞑想が人生を変えた

UCバークレー(カリフォルニア大学バークレー校)に在学中、シャロン・ロシャコフさんは、構内で定期的に開催されていたTM説明会に参加し、超越瞑想を学んだ。その学生時代の体験から、彼女はTMを教える仕事に就いている。

トランプか、ヒラリーか:次期大統領が瞑想すべき7つの理由

著名な精神科医のノーマン・E・ローゼンタール医学博士が、米国の大統領の立候補者に向けて、彼らの状況をうまく扱うために賢明なアドヴァイスをしている。そのための秘訣が「瞑想」だった。以下は、FOX NEWS.COM に掲載された博士の呼びかけ。

「静寂の時間」は、問題を抱えた学校を癒やす助けになるか?

30年以上にわたってリッチモンド郡の公立学校で働いてきた元教師のエドワード・マナーさんが、問題が山積みである教育現場で超越瞑想を採用した学校が目覚ましい成果を上げていると、Chronicle.Augusta.comで報告している。

アイオワの小さな町で瞑想して、戦争で負った心の傷が癒された顛末

イラクの自由作戦で配備された退役軍人であるフリーライターのスプリヤ・ベンカテサンさんは、アイオワ州のフェアフィールドに移り住み、毎日、瞑想することによって戦場でのトラウマから解放されたと、ワシントン・ポスト紙のブログのなかで述べている。

サム・アラダイス監督が隠し持っていたプレミア・リーグ残留争の切り札

絶えずストレスにさらされる仕事があるとすれば、人当たりが良いサム・アラダイスは間違いなくそんな仕事をしている。

ビジネスの浮き沈みを瞑想で乗り越える

デジタル・マルチメディアの起業家であるリサ・ウイニングさんは、シドニーからニューヨークに渡り、仕事を始めるにあたって超越瞑想が心の支えになったとハフィントンポストのブログで書いている。

メンズ・フィットネス誌の表紙を飾る俳優は、なぜ超越瞑想を行っているのか?

筋骨りゅうりゅうな俳優たちに精神的な傾向が見られるとしたら意外に思われるだろうか? 米国の男性誌「メンズ・フィットネス誌」の表紙を飾っている俳優らにその兆候が見られる、とメンズ・フィットネス誌のライターが分析している。

医科大学の試み。研修医の異常に高いストレスは瞑想で対処する

医学生は、研修医として超多忙な生活をおくり強いストレスを受けている。米国の一流の医科大学ロヨラ大学シカゴ校では、こうした医学生のストレスに対処するために超越瞑想を取り入れていることを、米国シカゴの公共放送が報告した。

速いペースで生活するミレニアル世代の若者に適した瞑想法

速いペースで生活している現代の若者にとって、選択肢の多さがストレスになっているという。ミレニアル世代と呼ばれる、そんな彼らに向けて心を静める方法をInverse.comが紹介した。

結局、すべての対立は個々人の内側の混乱が外側の世界に反映されたもの

ジャスミン・アービングさんは、夜の森の小さな小屋のなかでも恐怖を感じることなく安らかに眠れるようになった、と英国版ハフィントンポストのブログのなかで綴っている。その原因は、超越瞑想を学んだことにあったようだ。

ケイティ・ペリーが実践する、自分を取り戻すためのリラクゼーション

超多忙な日常を送るケイティ・ペリーが、自分を見失わないよう毎日、実践しているのが瞑想だと、ビデオ・インタビューのなかで話している。米国の女性向けマガジンPOBSUGAR. が、この彼女のコメント紹介した。

ほとんど知られていなかったマドンナの肌の秘密

忙しく旅する女性スターたちは、気象の変化、異なるタイムゾーンの時差による影響から、どうやって生き生きとした肌を維持しているのか。

50歳を機に人生をチューニングしてみた──マイク・ゴードン

フィッシュのベーシスト、マイク・ゴードンは、50歳を超えてから、心と体の健康維持に努めていると、音楽雑誌のサイト「Relix」のなかで語っている。

6人の子供をもつワーキング・ママの私が、内面の安らぎと満足を得るまでの道のり

数年前、私は企業に勤務するワーキング・ママとして速いペースの生活を送っていた。それは外から見れば、アメリカンドリームを生きているような、申し分のない生活に見えたかもしれない。

ストレスでまいっている人のための瞑想ガイド

米国では、ヨガに並んで超越瞑想がちょっとしたブームだ。ライターのジョシュ・ディーン氏は、少々懐疑的ながらもその真相を知るために超越瞑想を体験してみることにした。その結果は……。

困難な状況が起こったとき、タフな人間は座って瞑想する!──ジョン・ステイモス

昨年、母親の死の悲しみから自虐的な生活を送っていた俳優ジョン・ステイモスは、仕事に復帰後、今年、賞を受賞するなど幸運に恵まれるようになった。

瞑想は、世界を変えることができるか?「瞑想する大統領」の驚くべき物語

心理学の雑誌「Psychology Today」のオンライン版に「瞑想は、世界を変えることができるのか?」という記事が紹介されている。長期の内戦で荒廃していたモザンビークをシサノ大統領は、防衛や教育に超越瞑想を導入することで奇跡的な復興を成し遂げたからだ。